2005.06.25

機械式時計(ゼンマイ時計・振り子時計))のチクタク・・・・の音色が
セピア色の時代を想い出させてくれる。
今は電波時計で手を触れることなく、正確な時を刻んでくれる時代です。
1秒でも遅れると大変な事態が発生する場合もある。
科学が進歩し便利な物がどんどん作られ、月にも行く時代なのに・・・。
どうして時間に追われ、ゆとりの無い生活になったのだろう・・・。
機械式時計は1日1・2分の狂いは当たり前、それでも生活に影響が無かった。
そんなスローな時代が妙に懐かしい・・・

↑ページトップに戻る