2018.12.12

今年も1年を振り返る季節が来て 庭での❝あれこれ❞を思い浮かべてみました


ある日 庭を眺めてくれた お客さまが「良い庭ですね」と褒めてくれて
手入れが遅れている言い訳をした私が おりました
「雑草も似合う場所に居てもらっています」・・・と私

「自然で とても良いですよ」という言葉が耳に心地好かったのを覚えています

   野の花が 似合うねと君に 背を押され
      シロツメクサを 庭で育てる

   草刈りの 労を軽減 するために
      グラス植えたと プラス思考

園芸の本に イネ科の品種を グラスと書いてありました 
たまたま 管理人が草刈りを省略して 一部残したのが
とても良い雰囲気を作りあげたのです


近隣の花友Tさんが 持って来てくれた 8列とうきび・・・ 
実をはずす手動式の農機具で試した結果 見事に実と殻に別れ 
しばらく展示していました
雪が降り始めた頃 全てを❝豆電球❞育ちのネズミに食べられました

   とうきびが 好きと現る ネズミたち
      豆電球で 夜会の宴(うたげ)

庭作業が一段落した11月の晴れた日 私の左肩にイトトンボが止まり 
歩いても 腕を振っても じっと止まったまま「ここが いいのね」と独り言 
子供の頃 イトトンボをカミサマトンボと言っていたのを思い出しました

    青空の 小春日和りに 誘われて
       ブローチのような カミサマトンボ

同じ頃 雨竜の花友が さし木で育てたブルーベリーを植えてくれました
ネズミが居るのと伝えると「大丈夫!」と保護する事も考慮して・・・

    この庭で 育ててごらん だめもとで
      花友が植えた ブルーベリーよ

管理人が「夕方になると毎日 アカシアの木に が2羽止まっているんだ」
と言うんです 住みついている様子もないのに・・・と
近づくと逃げたというので 羽ばたきの姿を問う私への返事は「とにかく飛んで逃げた」
私は心の中で「そりゃそうだ・・・だって鳥だもの」と呟きました
お会いした?結果 でした

   アカシアの 木に仲良しな 2羽の鳥
      めおとカラスか 寄り添う姿

あと2週間点灯し 間もなく❝豆電球❞は 冬眠します
どうぞ 忘れないで下さいね


2018.10.29

28日朝 もみじが たくさんの葉を抱え 見事に紅葉していました

「紅葉が紅葉した」なぁ~んて・・・
日本語のおもしろさを発見! と 一人笑いをする 気味の悪い私です

辞書で ❝もみじ❞を引いてみると 見出し語欄に紅葉と黄葉があり どちらも もみじと
読むのだそう 赤くなる もみじと黄色になる もみじがあり 赤色には❝赤い❞ と❝朱い❞があるって

そのせいかぁ~豆電球の庭のもみじが美しいのは・・・

ナナカマドは落葉が進み イチイの木の深緑ともみじの紅葉が目を引くのです

気温が低くなって・・・それでも咲いている花たちが いとおしい


2018.09.19

管理人が花の名前を覚え その美しさに見とれて カメラを手に・・・

仙人草(センニソウ)

千日紅(センニコウ)

そして管理人は言いました

「センニソウだよな」・・・?

私は「どの花?」と耳を疑い 聞き直しました どうやら二つの花をまぜこぜにしたようです

秋の風が頬を撫で 虫の声も変わったような・・・

庭の手入れを始めました

 


2018.06.24

シャクヤクが美しく開花しました

良い季節です

風の強い日 摘み採った花を器に飾ることに

どのようにしようか  器はどれを使いましょう

この花と この花を・・・と

とても ゆっくりとした気持ちで 時間を楽しみました


2018.06.21

この庭には キャットミントの他に パイナップルミント・ペパーミント・スペアミントを植えました
雑草を押さえてくれるかも・・・触れると香るかも・・・こんもりと繁ると可愛いかも・・・と


種まきの初めの頃・・・

庭を造り始めた時に 種を播いた キャットミントは早春を楽しませてくれます

ある時 一匹のネコが 花の中で戯れていたので 私は「ネコが好むのならキャットミントなのかも」と言ったようなで・・・管理人は"ネコが花にじゃれる”のが心に残り"ネコジャラケ”と覚えたことがありました

ちょっと うふふ ですよね

17日の朝「キャットミントの中の草を 抜いて来た」と朝メシ前の仕事を報告してくれました

へぇ~花を愛する人の仲間入りだ・・・と独り言の私

でも他のミントは ア・リ・マ・セ・ン

そう・・・管理人が愛するのはキャットミント

まあ 雑草の中に植え付ける私も ちょっと イケマセンけど 几帳面な管理人にかかると 刈り払い機で バッサリ!
地下茎や種で増える旺盛な繁殖力も 地面すれすれで カットする技術には かなわないのです
植えた場所は お知らせしてあるのですが・・・

間もなく咲き始める アスチルベも 株分けは 前年秋ではなく 葉がしっかり伸びた6月がベスト

存在感をアピールできるため 管理人を悩ませずに済む事が分かりました

ルピナスは 色良く咲き始めました

少しだけ進化した中庭

クレマチスは自由気ままに・・・

そしてシャクヤクが咲き始めました

ニセアカシアの季節です



↑ページトップに戻る