2018.02.18

天保通宝(てんぽつうほう)とは、江戸時代末期から明治にかけての日本で流通した銭貨天保銭(てんぽうせん)ともいう。形状は、小判を意識した楕円形で、中心部に正方形の穴が開けられ、表面には「天保通寳」、裏面には「當百」と表記され、金座後藤家の花押が鋳込まれている。製で、重量は5.5(約20.6グラム)。


2018.02.18

両替商が使った天秤

製造:江戸時代(1660年頃)

刻印:極 中堀甚三郎

寸法:幅710㎝・奥行245㎝・高さ740

・分銅(後藤分銅) 19  (実測値)

50   1,853.4g   4両  149.2
30両    1,125.1g   3両  111.0
20両       732.2g     2両     73.8
20両     749.5g     1両   37.2
10両     374.7g     5    18.5
10両     373.8g     4      14.7g
5両        186.3g   3匁     11.1g
5両      186.3g   2匁     7.2g
5両      185.2g   1匁         3.6g
5両          183.8g

    合計 171.5両 (6,376.6g)

・微調整用槌 1



   

↑ページトップに戻る